赤イワナ

c0136486_15155137.jpg

秩父のイワナを、地元のおじいちゃん達は「赤イワナ」と、呼ぶことは
だいぶ昔から知っていた。
確かに、お腹が赤く全体に黄色く輝く魚体を見れば納得できる。
今まで沢山の岩魚を釣り上げ、その赤味具合も場所によって
微妙に違うことは感じていたが、どうやらそれだけでは無いもよう・・・。

ニッコウ系のイワナで、お腹が赤ければそれを秩父イワナと呼んでいたが、
もともとの秩父イワナとは、ヤマト系のイワナで黄金色をしているらしい。

正直、写真でしか見たこと無いが、惚れ惚れする色合いである。

去年も4時間掛けて秩父の源流域までイワナ釣りに行ったが、
釣れるイワナは全てニッコウイワナでした。

では、どこに生息しているのか!?

今年の課題であり、冒険心をくすぐるテーマであります。

奥武蔵系赤イワナと、奥秩父系赤イワナ・・・。

原種の赤イワナに巡り会えるよう、気を引き締めて
フライを谷底に投げ入れる事にしましょう!!
c0136486_1533160.jpg

[PR]
by summerdun | 2009-01-26 15:34 | お魚さん♪
<< 2時過ぎから・・・。 半分 >>