お疲れ様でした

c0136486_10453469.jpg

心地よい新緑

透きとおる空気と水

主催の菅平のペンション・スタートラインから1時間半のドライブだが
所々のお店や、建て看板にも見覚えのある物が多くなってきたようだ。

今年で参加4回目になる奥志賀高原のイベントになるのだが・・・今年はチョッと訳あり(汗)

5日の朝目を覚ますと、お尻のデリケートの部分に違和感が・・・
シャワーを浴びながら恐る恐る触ってみると、パチンコ玉サイズの腫れが。

もしや・・・

周りの友達からも話を聞いていたが、あまり力んだり踏ん張りすぎると「い○痔」になると。
ゴルフに夢中になり、週3回、それも400球ちかく打ち込んでいた僕に周りも呆れて
脅かし半分で言ってたであろうが・・・本当にになってしまったようなのである(涙)

慌てて薬局に飛び込み、状況を説明し病院に行き手術をした方がいいのか・・・とか、
どういう処置をしたらいいのか・・・とか(汗)
凄い勢いで捲くし立てる僕に、半笑いの店員のおじさんが手渡してくれたのが

「ボラギノール」

それもカンチョウタイプの・・・、そう、内側から直すってTVのコマーシャルでやってる奴(笑)

これを一日2回、お尻にブチッ!!と突き刺しての参戦になる訳・・・どうなる事やら(涙)
c0136486_1232544.jpg

滑る川底に足を滑らせないよう踏ん張りながら、そして踏ん張りすぎるとデリケートな所が
悲鳴をあげるので、全身から脂汗が噴出してくるし・・・。

「神様ぁ~、今日一日だけ何とかしてくださいませ・・・。」

背中のポケットに入れてある三峰神社のお札に何度お願いした事か・・・。

さすが相変わらずの魚影の濃さには驚かずにはいられない。
27cmを越す魚を出す事はできなかったが、それでも14匹くらいは釣っただろうか。
足元を気遣い、お尻を気遣い。

早く川から上がりたい気持ちと、もうしばらく竿を振っていたい気持ちの両方が入り乱れる。
最終ポイントに辿り着いた時には、いつもの釣りでは使わない筋肉を使ったせいだろうが
足首とふくらはぎがパンパンになっていた。

c0136486_1329152.jpg

そんな状況下の中では、毎年のように川で黄昏る事なんてできず、
皆が夜の晩餐の前にお風呂に入っている間、山脈に今消えそうになっている夕日を眺める。
2010年6月
小作民から大地主・・・いや、大痔主になってしまったが、イベント直前のハプニングにも負けず
奥志賀の滑る渓流を歩ききれた達成感に満足せずにはいられなく、ウルウルした瞳でしばらく
一人きりで・・・。



長野の皆さんありがとうございました♪
そんなこんなで、お恥ずかしい姿勢での釣りになってしまいましたが・・・(笑)
二日目は野尻湖のバス釣りの予定だったので、楽ちんだから平気だろうと
安気にしてましたが、まさか翌日も川歩きに変更になるとは・・・(涙)
帰りの道中は2時間半の道のりが、3時間半掛かってしまいましたが(想像つきますよね(プッ!
無事に痛みを堪えて帰れました。

「来週は新潟に釣りに行けよ!!」

大先生にそんな命令も頂きましたが、治療に専念したいと思います(笑)

来年はベストな状態で参加させていただきますので、皆さんもくれぐれも気をつけてください!

と~っても、痛いですよ・・・。
[PR]
by summerdun | 2010-06-09 14:49 | Fly Fishing
<< カード 6月7日 >>