それから・・・

c0136486_1123035.jpg

さぁ~、歩くぞ!!

車止めから川にたどり着くまでに一苦労・・・。
降りたら降りたで登り口は無いに等しいので、ひたすら上流に歩く。

まず杉林の中を歩き出す前に自分に喝を入れないと、とても歩ききれない。
まして今年最後の源流域での釣行になるので、気合もいつもの数倍に(笑)
c0136486_12202561.jpg

釣り始めてすぐに気づく。
2週間前に来た時と比べると、ステージがガラリと変わっている事に・・・。
朝の9時の段階で、気温16℃。
日差しは強いが、汗が出てこない。
色づいた落ち葉が淵の巻き返しでクルクルと回り、風が吹くと水面にパラパラと落ちてきて
フライの位置が分かりづらくなる・・・。

市内では30℃を超えているであろうが、既にこの渓谷では秋が早足で近づいているようだ。
ウエーダーを履かずに腰まで水に入り込むと、あまりの冷たさにブルッ!!とくる。
釣れても釣れなくても、来年の夏まではここにもう来ることは無い。
三峰の神様に、今年も無事にシーズンを終える事ができたことのお礼を
深い谷底から神社の方角に向かって神様に伝える。


さて、伝わったであろうか!?


c0136486_12435726.jpg

木の葉と同じように、秩父のヤマメさんにも秋を感じさせる色が濃くなり、
お腹の中には卵を持つ、妊婦さんヤマメが多く見られるようになる。

流石に罪悪感を強く感じる釣りになるのだが・・・
極力負担をかけないように、お腹の卵に影響ないように・・・

いい子が生まれますように♪



瑠璃色だった空が、群青色に・・・

深緑の森が、木賊色(とくさいろ)に・・・

鉛色だった川底の岩が、雀色に・・・

白緑(ひゃくろく)色に差し込んでいた木漏れ日が、刈安色(かりやすいろ)に変化し・・・




遊びつかれた夏の終わり・・・


もう、いいだろう・・・と。



そして


はやく、落ち葉の布団に横になりたいと・・・



それから・・・・
[PR]
by summerdun | 2010-09-15 15:49 | Fly Fishing
<< α ポチョン! >>