いっぴき

親父を、熊谷の循環器センターに連れて行き、
なんだら・かんだら・・・説明を聞き、秩父に帰ってきたのは
午後の3時くらいになっていただろうか。

毎年、カテーテルをするためにこの時期に1日入院になるのだが、
たいした手術ではないのは十分知っているのだが、
流石に自分の父親、病院に一人残して帰ってくるのも
なんだか可哀想でありました・・・。

医療的のことはまったくの無知なので、本来は今年から
秩父第一病院の看護婦として働き始めた妹が付き添えば
いいのだろうけど、休みが合わずに代役的に・・・・と言うより、
運転手としての役割で自分が・・・。



さぁ~、3時からこの中途半端な休日をどう過ごすか・・・。

母親と近所の蕎麦屋で、蕎麦をすすりながら
ぼんやり考えていると、

「せっかくの休みなのにありがとさん!
 明日はお母さんが行ってくるから、おまえはもういいよ!」

それでは・・・と、マンションに帰る道すがら、いつになったら
思いっきり釣りが出来るのか!?
なんて考えていたら、ふと先週の尺イワナのことを思い出す・・・。

日没間際のちょい釣りで釣り上げた見事な魚体。
でも実際は・・・、その後にもっと良型のイワナを釣り逃がしていたのです(涙)

流れの強い対岸の岩穴にフライを放り込むと、反転してフライを吸い込む大イワナ。
今から思うと、ドラッグが掛かっての事だと思うのだけれど、
きれいなすっぽ抜け・・・。
誰にも釣られずに、残っていればもう一度チャレンジしたい・・・。

ギリギリの時間帯だけど、その一匹だけのために1時間半のドライブをするか、
それとも・・・・それとも・・・それとも・・・、やっぱ、行こう!!

c0136486_13435548.jpg

薄暗くなりつつある頃には、ポツポツだった雨も本降りに・・・。
何度か引き返そうと思ったが、その決断さえ出来ずにアクセルを踏み続ける・・・。

今日を逃したら、もうチャンスは無い。
なぜかそんな気持ちで、引き寄せられているようにも感じるし、
日ごろのストレスの蓄積で、思考回路が少しおかしくなっているようで、
とにかく雨だろうが、嵐だろうが、ずぶ濡れになっても良いから
室内から飛び出したい気持ちだったからなのか・・・。

それとも、
酒乱で頑固だった親父の、年々老いていく姿と
病院でひとり、ベッドで横になりTVでも眺めているんだろうな・・・、
なんて想像するのが、辛くて忘れたかったからなのか。

薄暗く、びしょ濡れで・・・、そのうえ薄っすらと霧も出て・・・。

その一匹の潜むポイントまで、一切竿は振らず。

そして、

もし釣れても、釣れなくても
それで帰るつもりで・・・。

c0136486_13575928.jpg

イワナは釣れた。

簡単に・・・。


考えれば考えるほど、難しくなるのもこの釣り。

余計なカタカナを外し、

単純に気持ちよく過ごしている時の方が
よっぽど良い結果がついてくるもの・・・。


釣りで楽しむから、釣りで過ごす・・・。


そろそろ、ターニングポイントなんだろうか・・・(笑)
[PR]
by summerdun | 2011-05-11 14:55 | Fly Fishing
<< それでもって、言うんなら・・・ 日没間際 >>