こんなもんでしょ!

c0136486_1121010.jpg


「シシ神よぉ~  下手くそな哀れな民に 釣らせたまえ~!!」

つい最近、TVで何気に見入ってしまった「モノノケ姫」が
明け方の三峰の渓谷のひと場面とオーバーラップし
ついついこんな言葉が出てしまった・・・。

7月後半だというのに、なんだか一足早い秋の気配さえする
こんな谷底ではあるが、流石に道無き場所を、幾度も滑り落ちながら
川辺に立ったときには、全身から汗が噴出していて、スパッツとベストは
泥まみれになっている始末・・・。

あまり単独釣行はお勧めできないエリアではあるが、
火曜日定休の自分は、そんな事言っていたら夏も終わってしまうだろうし
とにかく汗をかきたくて・・・、今回は一人ぼっちで明け方から
熊さんと鹿さんのウンコさんだらけの林道を、踏まないように気をつけながら。

それから、腰に付けた大小2種類の熊ベルをチリン・チリンと鳴らしながら
まるで真夏のひとりクリスマス・・・。
だって恐いんですもの・・・(汗)

あまりNwsにはなっていませんが、森林組合と東京電力の方にお話を聞くと
今年はかなりの熊さん目撃例があります。

できることなら会わずにいたいですので・・・。

c0136486_11432775.jpg

先行者が、一足先に入っている事は林道に止めてあった車で分かっているが
どこから、どのくらい前に入ったかまでは流石に分からない・・・。

丁寧に丁寧に、ポイントを釣っていくがなかなか反応が無く
少し時間を空けてからと思い、大きな岩の上によじ登り
凍らせて持ってきたペットボトルのお茶に吸い付くが、
まだカチカチ状態で、ふた口分で氷の固まりに・・・。

川の水にしばらく浸し、結局解凍することになったのだが・・・、

「シシ神よぉ~、喉の渇きを潤したまぇ~!!」

叫んだところで、癒されるわけも無く・・・。

c0136486_11534324.jpg

遠くで雷が聞こえる

アブラゼミの死骸が、巻き返しに浮いている

アキアカネが飛んでいる

時折吹き付ける水面を転がる風が、涼しくそして寂しく感じる

市街より、空に近い場所な筈なのに、空がはるか遠く感じられる

・・・・

4時間かけて釣りあがり、結局2匹のお魚さんとお会いでき
こんなもんか・・・と、車までひたすら歩く。

生ぬるくなったペットボトルのお茶を流し込むが、
無理やり解凍するんじゃなかったと・・・と、
今更ながらの後悔をしたり。


でも、まぁ~、 こんなもんかと・・・。



そう・・・、こんなもんでしょ!(笑)
[PR]
by summerdun | 2011-07-28 12:10 | Fly Fishing
<< シルバーヘアー 酸素を・・・ >>