黄金岩魚

c0136486_15202340.jpg


本来なら 「あいまい」 って、けっこう好きなのであります。
夜から朝へとバトンタッチする 束の間の紫の世界・・・。
夕焼け空の 朱色から、あかね、紅色・・・と繋がるグラデーション。そして闇へ・・・。

9月の15日
本来ならば残暑の残る夏の終わり。
「朝夕が涼しくなり、だいぶ秋っぽくなったねぇ~!」
本当なら、こんなあいまいな時期のはずだが・・・。

このまま暑い日は訪れずに終わってしまうのか!
春先にはいて以来のウェーダーをしっかり身に着け、
半そでシャツの下には長袖のインナーを着込んでのラスト釣行。
夏と秋のほんの小さな隙間が好きなのに、
もはや完全に秋の到来でございます。
3日前まで、搾り出すように泣いていたセミも完全に燃え尽きたようで
秩父の渓流も、めっきり静かになってしまいました。
目的地に着くまでのひと時を、こんな不平をぶつくさと言いながら車を転がすのでした。

c0136486_15402030.jpg

台風のあとで 川底が洗われ、魚影があればくっきり見える。
流れのゆっくりした淵には、大小の落ち葉がクルクルと舞い、
ついこの前まで悩まされたクモの巣が嘘のようにひとつも無い。
汗をかくはずの高まきの難所も、息は切れても汗は出ない・・(w・。

なんだか寂しさばかりが先走りし、釣っていても楽しくない。
今期最後と決めて家を出てきたので、記憶に残るようなヤマメとイワナを釣りたいのだが・・・。
そのために久しぶりに一番好きな竿、そうアイズ・スリーを一日振るつもりで準備してきたのだし・・・。
増水の影響か、釣り人の姿がまったく無い。
秩父はこんな日が釣れるのに・・・
ちょっとだけ 嬉しいが・・・(w

c0136486_15595411.jpg
c0136486_1611218.jpg
c0136486_1622248.jpg
c0136486_166308.jpg
c0136486_16724100.jpg

c0136486_16362815.jpg

c0136486_1675981.jpg

イワナもヤマメもいっぱい釣れる。

でっかい君が続々と釣れてくる。
ちょっと気味悪いくらい(w

台風が来る前は、#10の大きなフライに4Xティペットで釣りをしていたが、
流石にそのシステムだと、お魚さんは相手にしてくれません。
頭上を沢山舞っている#18・#16サイズのメイフライたち・・・。
もちろん、この水生昆虫の羽化を確認すれば、秋になった事を認めるしかありませんね(w
尺イワナに28cm君、23cmクラスを6匹。
尺に5mm届かずのでっかいヤマメ君と、異様に黒い婚姻色のヤマメ君。
どやつも餌氏から生き抜いた天然君たちです。

最後にこれだけ釣れたら最高でしょ!
それから最後に、大きさより釣り上げてしばらく眺め続けてしまったイワナ君をご紹介!!
c0136486_16263050.jpg
c0136486_16264917.jpg

昔から秩父のイワナは、赤イワナと言われるくらい、お腹が見事なオレンジ色なイワナが多く
それらはあまり珍しく感じなかったのですが、この見事な黄金色のイワナは初めてで
すごく感動してしまいました。
もちろん金色帯びたイワナは時々釣れるのですが・・・ここまでは・・・初めてです。

アイズスリーには秩父の渓魚が似合う。
来年はもう少し、この黄金イワナを意識して釣りをしてみたい。
何年も入っていない渓谷。

そのために今年の冬は、生まれて初めてジムに通うことを誓うのでありました。(w

黙っていても訪れてくれる明日よりも
こちらからから明日を追って生きていこう!!

今年も沢山の方々と楽しく過ごす事ができました。
ありがとうございました。
今期もこれで納竿です。
もちろん渓流は・・・ですよ(w
残りは湖釣行となります。

来年、楽しく釣りが出来るように、オフシーズンに体力UPを図らなければいけない
歳にもなってしまいました(w
それでもやめられないのですから、フライフィッシングってよっぽ面白いのですね(w
[PR]
by summerdun | 2015-09-16 16:30 | Fly Fishing
<< お久しぶりの・・・。 かなめトンネル >>