カテゴリ:Fly Fishing( 189 )

奥に!

c0136486_12222324.jpg

最近は、この時期が寂しく感じられなくなってきた。
禁漁を2週間前に控えているのに、そんな風に落ち着いていられるのも、4シーズンを
それなりに楽しむ準備とアイデアを沢山持てるようになったから・・・なのか!?

3連休を終えたばかりの秩父の渓流。
まず、釣れないだろうし・・・。

でも・・・

今期はこれで終了しようか・・・。

でもでも・・・

色々考えたが、もう一度だけ歩いておきたいところがあったので、
釣れても釣れなくてもいいから、歩く釣り!なんてテーマ付けして
すでに秋の気配を漂わせる、秩父の奥の奥・・・、そしてそのもうちょっと奥まで(w 行ってきました。
c0136486_12361591.jpg

2時間近く山道歩いて・・・、やっぱり水がありません(汗

それでも少しだけ水位のあるところにフライを放り込むと、岩の陰から数匹のイワナが飛び
出してくるではありませんか!

ここまでくれば、魚はいる!!

途中、林道から覗き込むと、とても魚釣りをするような水量ではなく、
沢蟹でも捕まえるくらいの流れしかなく、きっとこの辺で釣り人は釣りを諦め、
帰り支度をするんだろうな!?なんて考えながらも、そこから更に上流に歩き続けたご褒美!

肌寒く、そして薄暗く獣臭の強い奥の奥。
帰りの時間を計算しながらの釣りも落ち着かないが、まぁ~、仕方ない。
c0136486_13214871.jpg

28cmのイワナ君だよ

c0136486_12513039.jpg

キノコさんだよ


c0136486_1252616.jpg

ブレブレですが、尺イワナ君だよ  (2枚目撮ろうとしたら逃げました・・・ 涙

c0136486_1253162.jpg

爆竹の生る木だよ  (嘘!

c0136486_13241751.jpg

芦田愛菜だよ~     (これも嘘!!




まだまだ奥はありそうだが、決めていた時間になったので引き返すことに。
かなり昔に来たことがあった沢ではあったが、その頃の技術では流石に釣れなかったのであろう!
所々しか記憶が無い。
ブッシュと歩きにくい岩場、それになんと言ってもかなり歩くし暗いので、独りだとちょっと・・・・。

さて、これで終わりにしようかと考えていたが、こう釣れてしまうと、もう一回なんて思ってしまう
のも仕方あるまい!!(w
来週は無理にしても、9月の30日は火曜日である。
本当の最終日が火曜日なのであります。

では、天気と相談して・・・・ですね。
[PR]
by summerdun | 2014-09-17 13:42 | Fly Fishing

丸ってました!!

数ヶ月ぶりの丸沼です。
高速代、ガソリン代・・・、色々と遠ざかっていた理由はあるけれど、
それより、なにしろ休みが足りない・・・(w

週休2日・・・なんて夢のまた夢!
週に一度の火曜日定休を、渓流釣り、ゴルフ、登山と、そして湖釣行・・・。
さて今度の休みはどいつで過ごしてやろうか!??なんて考えると、必然的にこの時期の湖は
後回しになってしまう。
それでも今週は、毎年恒例の神流川フォーラムが開催されるので、土曜日臨時休業で参加することになっている。当たり前だが川にも立てる。
ここ数週間、秩父に引きこもっていたこともあり、思い切って丸沼までってことに・・・。
c0136486_11194674.jpg

金精峠での外気温は5時半の段階で8℃・・・・。
思っていた以上に冷え込んでいました。
長袖シャツ2枚重ねに、ゴアのレインウエアーを。
それでも水温はかなり高く、立ちこんでいても意外と冷え込むことは無く朝の6時過ぎより夕方5時までノンストップ(オシッコ以外)で、食事もとらずに釣り続けることに・・・。
c0136486_11245649.jpg

相変わらず、メインの流れ込みは大混雑!
火曜日でこの時期にしては、かなりの釣り人が確認できる。
全体で15~16人くらいはいるだろうか!?(写真では小さすぎて確認できないが・・・)
いつもの事だが、立ち木周辺はガラガラです・・・。
並んでまで釣り券を買う元気の無い(ただネボスケなのですが・・・)自分は、最後に湖畔に行き、
空いているところに入らせてもらう事がほとんどなので、流れ込みなんて遠い存在!(w
流石に皆さん良く知っていらっしゃいます。10時間近く振り続け、アタリらしいアタリも無く
4時までノーフィッシュ・・・。何度か場所移動も考えたのですが、そんな時に近くで散発のボイルがあるので
なかなか動けず最後まで立ち木の周辺で過ごすことに。
c0136486_1136348.jpg

3時を過ぎ、チラホラと帰っていかれる釣り人を眺めながら・・・。
「あいつまだやっているよ!朝から投げ続けてるけど一匹も釣っていないと思うよ・・・。」
そんなこと思われているのかな~。なんて思いながらも諦められない46歳。(w
やっと魚が回ってきてくれたのが4時近く!
ここからほんの1時間の間に3本の虹鱒をゲット!!それから2匹のバラシ・・・。
c0136486_11413395.jpg


c0136486_1142011.jpg

粘り勝ちです!(w

渓流禁漁までカウントダウンです。
寂しい気もいたしますが、それと同時に湖のシーズンでもあります。

禁漁までに、もう一度くらい秩父の渓流を歩こうかと考えておりますが・・・。


そろそろダウンジャケット、出しておかないと・・・。
[PR]
by summerdun | 2014-09-10 12:41 | Fly Fishing

セミ合戦!

お腹がオレンジ色で、全体が黄色っぽいイワナが秩父イワナ(赤いワナ)
この釣りを始めた頃は、その程度にしか考えていなかったが、その赤イワナにも
2種類いることを知ったのは、だいぶ時間が経ってからの事なのです。
一般的に荒川水系のイワナの種はニッコウイワナ。
そして、釣り人の間で秩父イワナと言われているものの大半・・・いや、ほとんどが
このニッコウ系のイワナ族。もちろん、お腹は鮮やかなオレンジ色で、全体が黄色味おびている。
ここ数年、夏になると何かに取り憑かれたように藪沢に通うようになったのは、このもう一種の
イワナを釣りたくて、パックロッドを担いでいるわけ・・・。
この地区に住んでいる者にとってヤマトイワナって縁が薄いと思っていた。
もちろん自分もそうである。
そのヤマトイワナとの交雑種のイワナが本来の秩父イワナだって言う人もいる。
餌釣りをする、かなり年配の方々に聞くと、かなりの奥地まで行き、ロープを使って
滑る岩肌を下りていくような所でないと、もういないよ・・・。なんて、何度も聞いたことがある。
それでも、いつかお会いできるんではないかと期待をこめて、できるだけ奥に奥にと足を
向けてしまうのであります。

ここ最近、何度かお誘いをいただいたのに山歩きばかりしていて、一緒に釣りが出来ていなかったので
こちらから休みの前日にお誘いのお電話を!
明日、藪沢入りますが、一緒に行きますか!?なんて聞いてみたのだが、どうやら東京湾でシーバスの
予約を入れている様子で、どうしても行けないけど、来週は行けるから行こう!! ・・・と。
それでは仕方ありませんね・・・なんて言いながら、電話を切ること10分。
「やっぱ行く!!」  って、折り返しの電話!(w
後で聞いたら、暑いから・・・って事で、シーバスボートキャンセルしたらしい。
このお方しか出来ない理由ですね・・・はい。
c0136486_13361517.jpg

行ける所まで車で行き、後は歩いて下りれる所を探して右往左往・・・。
前日の夕立で滑る急斜面を枝にしがみつきながら谷底まで下りる。
岩井さんより、30mくらい下流に下りはじめた自分は、足元が突然崩れ、スライディングして数メートル。
こんな無様な姿、誰にも見られたくないし、あのお方に見られたら、しばらくは笑いのネタにされてしまう
ので・・・、恐る恐る上流の方に目を向けると、、全然気づいていない様子。
泥だらけになったお尻を流れで洗い、急いで上流に行き岩井さんに追いつくと、彼のお尻も泥だらけ!
平然とロッドを振られておりますが・・・同じく、転んだのですね(ぷっ!
c0136486_13495511.jpg

#10のテレストリアルのフライで釣りあがる自分と、終始セミフライで釣り通す岩井さん。
どちらも飽きないくらいに釣り上げながら、交互に奥へと進む。
ヤマメの姿が見えなくなり、イワナのみ釣れるようになった谷奥深く・・・。
獣臭が気になり始めたので、一言告げてから前日用意してきた爆竹を鳴らす!
「北海道では、心無いハンターがいて、鹿撃ちの時にヒグマに銃口を向ける奴もいるんだって!
それで威嚇射撃されたり、怪我を負ったヒグマが、爆竹の音に反応して、爆竹の音を聞くと
釣り人を襲うようになったんだって・・・。爆竹鳴らすと、逆に熊が近寄ってくるから鳴らさないほうがいいよ」



・・・・・!?


「・・・ここ秩父です!」 (w

「・・・・でもっ!!」 (怒


そんなどうでもいい会話が響き渡る。
はい!と ひとこと言えばいいことなのだが・・・嫌な自分(w

二人とも、プライドが高いようです(爆
c0136486_14289.jpg

セミの威力は凄い。
イワナの視界に入りさえすれば、岩の下からでもすっ飛んで来てフライを銜える。
あえて持っていかなかったセミフライだが、途中から岩井さんにいただき、
途中からセミ合戦!!
c0136486_146316.jpg

3回ほど尺をゆうに超える大物が、僕のフライに食いついたが・・・すっぽ抜け。
「3回チャンスあったんだからさぁ~、1本くらい釣れよ~・・・」
そんな言葉もお構いなく、来週のため!!
なんて言い訳してたら、じゃあ、来週もここ来よう!!って(w
c0136486_14141114.jpg
c0136486_14152686.jpg

やっと出てくれた・・・。
尺には足りないが・・・かなりヤマトの血が強い秩父イワナ。
うっとり眺めているこの魚にも、岩井さんはあまり興味なさそう・・・。

まぁ~いい。

来週は、尺釣ってみせます!(w

オリジナル セミフライで!!(爆
[PR]
by summerdun | 2014-08-20 14:29 | Fly Fishing

そんな筈は・・・。

c0136486_11415936.jpg

先週、釣り友達に秩父のイワナを釣っていただきたくガイドをしたのですが、
なかなか渋い一日で、かろうじて一匹のまずまずのイワナを釣っていただいたのですが・・・。
なんだか申し訳なく、そして納得できず、一週間後の昨日にもう一度同じ沢に行ってみることに。
福島出身で東北地方にも良く釣りに行かれる彼ですので、もちろん釣りのテクニックは(ぴかいち!)であります。しかし、目の前で悠然とライズしている魚も、しっかりレーンを流れているフライに見向きもしない。
ここは絶対だよね!!そんなポイントも何度叩いても出てこない・・・。
彼には言わなかったが、ポイントに近づくはるか前の段階で、かなりの魚が走っているのを見ていたのです。
流石に秩父。激スレの地区であります。今回は、敵討ち!!と、言うことで、前回と同じポイントを、
立ち位置を3倍くらいにとってのキャストを心がけます。
まずは、魚を確認してから!!
c0136486_11582637.jpg

いるいる!
先週のライズの主が・・・。
c0136486_1204884.jpg

あちこちに揺ら揺らとぶら下がる、ブナ虫に合わせ、フライもブナ虫パターン!今日は
これ一本かな!?
c0136486_12263387.jpg

一投目でなんなくキャッチ!
ぷくぷくに太った良いイワナ。
やっぱり、ブナ虫フライで釣りが成立すると、夏の到来を感じずにはいられません。
最近、老眼を認めなくてはいけなくなったお年頃。
#32のフックでも、すんなりと糸を通すことができた頃が懐かしくも感じます(w
今や、#16もミッジの域に入ってしまっています(w
#12のサイズは、本当にありがたい!(w
c0136486_12275744.jpg

c0136486_12123623.jpg

c0136486_12114784.jpg


滝を越え、獣臭の谷を独りトボトボと上流に釣りあがっていくと、餌氏のおじ様がおりましたので
話しかけると、32cmのイワナと34cmのイワナを釣ったって・・・。

やっぱり、小さな流れですが天然のお魚がしっかり生き延びているようで!!
最上流部は流れが細く、ブッシュで覆われているのでフライ向きではないのですが
近いうちに覗いてみようかと考えております。

秩父で釣りたかったら、魚との距離が重要!
たとえ、小さな流れでもであります。
[PR]
by summerdun | 2014-07-23 12:29 | Fly Fishing

丸ってきました。

c0136486_10375117.jpg


2時に起きれたら、中禅寺湖。
寝坊したら丸沼・・・・。
そんないい加減な目的地設定・・・、もちろん起きれたの4時半です・・・。

なんだかんだで今年初の湖!
渓流ばかりで、気分転換にトレッキングなんかもやってはいるが、やっぱりこの時期は水辺がいい♪
慌てて準備をして5時ちょい前に秩父を出たのに、7時には丸沼着いているんだから・・・、近い!? or
飛ばしすぎ!??

梅雨の合間の晴れ日はとにかく気持ち良い。
雨具の要らない6月の釣り日に当たると、なんだか得した気分(w
本日もヘトヘトニなるまで振り続けるつもりで湖畔に・・・。
c0136486_10505353.jpg

全般的にではあるが、特に流れ込み周辺はゴミが多いようで・・・。
キャストしてリトリーブ・・・そしてフックに絡みついた枯葉や小枝を取り、そして再キャスト。
繰り返し繰り返し8時間・・・。
アタリもありません。
新しく購入したリールに入魂したくても、枯れ葉と小枝では・・・(涙

パッピーターンとフルーツオレで小休憩しながらなのだが、このままデコさんだとこの先このリール使うの
縁起悪く感じて使えなくなりそうで(w ものの5分の休憩でピョコピョコとマラブーさんを泳がせることに・・・。
c0136486_10591317.jpg

3時を少し過ぎたあたりで何やら コンッ! と、フライを突いたような感覚が。
お魚さんだと、かなり神経質な感じ・・・。
毎日毎日沢山の釣り人に虐められているのだから仕方ありません・・・はい。
それならばと、超スローリトリーブの合間に、1mくらいのこれまた超ウルトラ早引きの
ささっと食べないと行っちゃうよ~!作戦。
おかげさまで40cmにちょっと満たないが、元気な虹君をGet!!
c0136486_1172745.jpg

なんだか3時過ぎから少しだけ活性があがったようで、数人の釣り人にもお魚さんが釣れだしたようで!
朝から湖畔を塗りつぶすように攻めていたルアーマンのお兄さんに、釣りを終えてからお聞きしましたが、
最後の最後、5時近くにやっと一匹釣れたとのこと・・・。それまで全然駄目だった・・・って。

5時半になったら帰るつもりでキヤストを繰り返し、いい加減疲れでヘトヘトになっている頃に
またまた小さなアタリ。

これまた、さっさと食べないと行っちゃうよ~ん♪攻撃で、なんなりとGet!!
先程の虹君よりも5cmくらい大きいだろうか!?
体高のある美しいレインボー。
(注!  最初の見た目がかっこ良く、力強い者を虹鱒、最初の印象が美しく、惚れ惚れしてしまう者をレインボーとワタクシは呼んでいます(w

春ゼミがうるさいくらいに鳴きしきる新緑の湖畔。
出来ることならここにテントを張り、真夜中の星空を眺めながらバーボンでも飲んでみたい。
本日の釣果の反省をするもよし、明日の釣りにワクワクと胸を躍らせながらでもいい。


そんなこと考えながら・・・。
[PR]
by summerdun | 2014-06-11 11:48 | Fly Fishing

渡良瀬川へ!!

今週は、秩父から脱出しよう!!
そんな思いから、久しぶりに長野県の千曲川にでも行ってみようか・・・と思い、
一応、道路状況を確認するために、上野村役場に電話をすると、なんと峠を利用できるのは
明日の16日からです・・・と。
わざわざ高速使って行くのもメンドクサイし、高速代も馬鹿にならないので、
どこか違う場所を考えながら仕事をしていると・・・、やれやれ、メンバーズカードが無くなりそうだから
そろそろ印刷屋さんのINAXさんに発注しないと・・・・・。

そうそう・・・渡良瀬川行こう・・・と(w

勝手なイメージが昔からあり、渡良瀬川 = INAX師と(w

c0136486_1535916.jpg

高速代をケチって千曲川釣行を諦めたくせに、とんでもない寝坊をしてしまい
結局関越&北関東道を利用して桐生まで・・・(w
事前に車を止めるところを聞いていたにも拘らず、全てがチンプンカンプン(汗
橋向こうのコンビニで釣り券なんかを買っているところに、運良く地元の森下エキスパートさんと
お会いでき、無事に到着。
更にタイミングよく、INAXさんも駐車場で待機していただいており、お寝坊のお陰で全てがベストタイミング。
c0136486_15111850.jpg

ヨレヨレなウネウネで・・・、ラインも水に揉まれて・・・。
これが噂の渡良瀬・・・なのね(汗

いままでいかに楽な釣りばかりだったか・・・。
目の前のライズに楽勝と思いきや、なんのなんの、一匹釣るまでにどれだけ時間がかかったことか。

オオクマのハッチで心がうかれたが、午後の2時にはぴたりとライズも止まり
長い時間を独りで寂しく過ごすことに・・・・。
c0136486_1518066.jpg

クリームパンをかじり、眠くなったので立ったり座ったり・・・。
誰もいないので中森明菜のセカンドラブを歌ってみたり・・・・と(w

このまま夕方までライズが無く、竿を振らずに終わるのも寂しいので
それではこの時間は、ニンフでルースニングでもしようと再度川に下り、
仕掛けチェンジ!!

ドライフライを切り(メンドクサイ
マーカーを着け(これまたメンドクサイ
ショツトを着け(老眼鏡を忘れたので、これが一番メンドクサイ
さて、最後にニンフを結べば完成!!  なのだが・・・

ニンフ   忘れた・・・(涙

それではと思い、岩井ミノーなんか投げて遊んでいると
なんなく一匹ヒット♪

c0136486_15285285.jpg

結局夕方まで対岸以外はライズも無く、慌しい一日は終わったのだが・・・・
ここからが長い。
帰り道の近道を聞いておいたのだが・・・完全な迷子に。
ナビも地図もあるのに迷子って・・・かなり痛い気がして・・・。
秩父の実家まで3時間近くかかってしまった(汗
そのお陰で、新しいルートを覚えたので次回からはこちらから!!

c0136486_15331178.jpg

その日の課題はその日のうちに!!

大好きなお酒はビール一本にして、とにかく眠い目を擦りながら巻いて巻いて50本!

近いうちに再チャレンジを願って!!
[PR]
by summerdun | 2014-04-16 15:45 | Fly Fishing

4月8日

c0136486_16582378.jpg


やっと、ひとりっきりになれたのね・・・・。

3月の解禁を迎えてから、毎週ご一緒に釣りをしていた大先生も
今週末には広島でスクールがあるらしく、東京の自宅にいったん帰られたようで♪
後ろで、あ~でもない!こ~でもない!!  と、ガヤガヤとまくし立てられての釣りも
しばらくおさらば!(w
それでもそろそろ千曲川に行こう!! なんて言っていたので、すぐに秩父に戻っていらっしゃるつもりらしい。
それでは・・・と、ガヤ先生(マジ怒られる!!)がお留守のうちに、我が母校の脇を流れる、もちろん釣りを覚えた懐かしの川で竿を出してみようかと、早起きをして車を走らせるのであった。

c0136486_11425513.jpg

小学校はダムの脇であるが、僕らが通学していた頃にはもちろん無く、綺麗な小川が流れ
ヤマメやウグイがたくさん釣れた。
すでに廃校になり、子供の姿は見えないが、本来ならば4月8日の今日は、
秩父のどの学校も桜の木下での入学式のはず・・・。
自分も39年前の今日、お袋に手を引かれながら、この校門をくぐったことになる。

中学校もすでに廃校・・・。
なんとも寂しいが、小学・中学と母校無しなのであります・・・。
それでも体育館だけは存在し、地域のイベントに使われているようだが、この体育館での
最初の卒業生が僕らだった。
ヤマメやイワナの沢山泳ぐ、藤倉川の横に妙に白くたたずむ姿は、近代的な建物とは程遠い倉尾地区に
なんだかつり合わないが、それでも自分自身をリセットしたい時には、この地に足が向くいてしまうのは
どこの風景よりも、この流れ・山々を愛しているからだと思う。

それにしても、釣り好きになるのも仕方ないような環境でございます。
c0136486_12422436.jpg
c0136486_12424397.jpg

c0136486_1245832.jpg

スミレやちっちゃい白いお花(名前知らん!)や、これまたちっちゃいお魚数匹・・・。
こんなのんびりな釣りも久しぶり。
夕方までまだ時間があるので、場所移動をしようと、先程哀愁漂いながら眺めていた
小学校の前に差し掛かり、なにげに桜なんかを眺めていると・・・・なんだかコゲ臭い・・・。
遠くから聞こえてくる消防車のサイレンの音で、近くで火事が起きていることに気づくが・・・どこ!??
c0136486_1742661.jpg

小学校の右脇300m。
ちょうど僕の立っているすぐ横の山から、赤い炎と煙が・・・。
桜に気をとられていたし、今朝も同じ場所でうろうろしていたし・・・。
どう見ても山林火災だし、不審者に思われても困るので一目散に車を走らせるが・・・
なんだかその姿こそが放火して逃げる犯人のような・・・・(汗
大きな山林火災にならなかったようで何よりです・・・はい。
c0136486_17101042.jpg

川を変え、6時までドップリ釣りモード!
雪の多い上流部は、雪代の影響でウェーダーを履いていても、かなり冷える。
それなりに魚を釣り、それなりに気分もリフレッシュできたので、車のほとんど通らない道をトボトボ・・・。
まだまだ車道脇にも、場所により多くの雪が残りいつ崩れてもおかしくない状態。
c0136486_1717714.jpg

先々週、通った時にはこの数倍の雪があり、もちろん分からなかったが
その雪が溶け、無残な姿で現れた鹿の死骸・・・。
きっと雪崩に巻き込まれたのであろうが、枯れ木と同化していてよく分からなかったが
改めて自然の恐ろしさを知った瞬間でした・・・。

秩父の熊さんも活動し始めているようです。
無駄な争いはしたくありません。
独りだとなかなか音を出すことがありませんので、熊鈴なりホイッスルを忘れたくありません。
それよりも有効なのは、ガヤでしょう!(w

「あ~魚が逃げる!」
「フライがでかすぎ!!」
「そこじゃなくて、隣の筋だろ~!!!」

きっと、声を出すことで、熊さんから守っていてくれていたんですね。
心から感謝したいと思います・・・・。




嘘です(プッ!
[PR]
by summerdun | 2014-04-09 17:43 | Fly Fishing

神流川に!

c0136486_12223565.jpg

大雪の影響で、秩父と上野村を繋ぐR299(志賀坂峠)もここ最近、通行可能に・・・。
毎週、岩井さんと釣りをしていて、たまには独りで釣り行きてぇ~・・・。なんて思っていたが、
今回は毎年恒例のお泊り神流川釣行♪  もちろん、夜は飲み会です・・・はい。

数匹のヤマメと遊んでいただき、ぽかぽか陽気にうたた寝寸前。
何気に上流を見上げると、なんだか微笑ましい光景が!(ぷっ
c0136486_1230196.jpg

数十年にわたり、日本のフライフィッシングをリードしてきたお二人。
そんな二人が並んで楽しそうに釣られている姿を見られるなんて、
かなりのお得な気分でした♪

c0136486_1233588.jpg

相変わらず、あっちにチョロチョロ、こっちにチョロチョロ・・・な、岩井さんと、
一点をじっくり狙っている里見さん。
スタイルは違うが、お二人とも流石です。

お二人に後ろに立たれ、眺められると・・・(汗

遅かった春も、ようやく上野村にも到着したようです。

里見さん、秩父にも遊びにいらしてねん♪
[PR]
by summerdun | 2014-04-03 12:43 | Fly Fishing

9時に・・・・。

今年も、
「明日休みだろ!9時に迎えに来て!!」
毎年恒例のこの一言で始まることに・・・。
解禁を向かえて11日目。
いまだに大雪の残る、秩父の里川。
放流も出来ない状態で、組合も頭を抱えている状態。
自分も自粛をしつつ、早く川に立てることを想像しながら
フライを巻き貯めるのだが・・・すでに爆発寸前。
岩井さんからのお誘いがなかったら、こんな状態で川歩きなんて
きっと考えなかったと思う。

強制ではないにしろ、自粛を多くの方もしているだろうし
岩井さん本人の立場もあるので、事前に秩父漁協の組合長に
電話を一本入れると、赤平川、両神などの里川でしたら大丈夫だと
言って頂いたので、二人で5本の川ウォッチングに!
c0136486_11294261.jpg

流石にライズ無し。
4ピースのロッドはいつまでも畳んだまま・・・。
ペアールックのオッサン二人で、岩井さんのお母さんが作ってくれたオニギリを頬張りながら川を歩く・・・。
それでも12時を少し過ぎた辺りから、ポツリポツリとユスリカのハッチはあるが
到底ライズに結びつくはずも無く・・・。

お互い飽き飽きしている状態で一服していると、
「ドライで釣りあがってみな!!」
なんて、無茶な命令を・・・。
先行する僕の後ろを、ルースニングで追いかける親分・・・。
どう考えても、釣れる可能性は、あなたにありますが・・・。
c0136486_11375752.jpg
c0136486_11381189.jpg

もちろん釣っておられます・・・はい。
どんな状況下でも魚を釣られる事は、はっきり言ってスゴイですわ・・・。

最初の一匹を写真に収め、その後は話しかけられても知らん振り(w
釣るたびに大声で呼ばれるのだが・・・もちろん知らん振り振り。
そうすると最後には熊除けようのホイッスルをピーピー吹き続ける・・・甘えんぼさん。
はいはい・・・と、近くに行くのですが、カメラを向けるとなんだかポーズを決めるところが
最近・・・なんだかなぁ~・・・な気分(w
本人も、ブログとフェイスブックに載せられることは分かっているし、最近は自分からブログ用に!
なんて写真を要求してくるくらいだから・・・まぁ~ポーズも考えますか(w

4匹釣れたよ♪
嬉しそうにおっしゃっておられたので・・・はいはい、よかったですね!
こちらも改めて良いもの観させていただきましたと、心からの!? お礼と喜びを伝えているのに
「え~・・・、今年はスタートが一度の合わせ切れでボーズですか・・・ぷっ!」
岩井さんのその一言で、穏和な僕もムスッ!!・・・と。
岩井さんのティペットの先のニンフを千切って貰い(w フライボックスに仕舞い込み
もう帰りましょう!と雪の絨毯を歩き出し、二人でヨロヨロ車まで・・・。
c0136486_12191818.jpg

毎年始まるこんな風景も、なんだか悪くない。

後ろに立っても、最近文句の数も減ってきたように思うのだが、気を使っておられるのか!?(w
いやいや、そんな性格じゃない・・・。
僕がふて腐れるのを気にしているのか!?
いやいや、怒らせるだけ怒らせといて、次の日何も無かったかのように
「もう・・・機嫌なおった!??」
なんて、電話してくるのが彼じゃないか!!

スクールが始まれば多くの生徒さんに教える立場。
取材があればプロのフライフィッシャーに。

だから、彼もこんな肩の力を抜いた釣りも良いのかもしれない。

なんだかんだ言いながらも、十年近くこんな感じなんだから・・・・。

最近そんなことを考えながら釣りをすることが多くなったような・・・。

場所によって膝上まで ズボッ! とはまる雪にバランスを崩しながら
「来週も一緒に釣しような・・・。」

なんて言われると・・・

はい、9時に迎えに行きます・・・


・・・・と(w
[PR]
by summerdun | 2014-03-14 12:47 | Fly Fishing

ルート!

c0136486_1245415.jpg


山にも登りたい・・・

ゴルフコンペも近いので、練習しておかないと・・・

荒川C&Rも気になるし・・・


・・・・。


もしかしたら、今回が丸沼釣行今期最後になるかも!??
そんな事を考えていたら、
寒いから嫌だとか、混んでるから嫌だとか・・・、激渋だから嫌だ・・・とか、言っていられません。
はい、今回も寝ないですっ飛んでいってきました(w

20分前なのに、釣り券売り場の前には数多くの釣り人サン・・・。
まだ真っ暗な状態ではあるので、オイラはゆっくりお着替えとタックルのセッティング♪
今回も空いているところで、一日振り振りするつもりなので、我先にと急いでいられる方々が
各々のポジションに着いてからで十分であります。

案の定、メインの流れ込みと、ボート乗り場のスリットは大盛況のようで、僕がチケットを握り締め
湖畔脇をうろうろしている時には、すでに皆さんヒュン・ヒュンとリズミカルな音を出して
水面を叩いていらっしゃいました・・・(華麗なキャスティングでした・・・すみません)

c0136486_1222274.jpg

雪がぱらつき、朝から終始吹き付ける風・・・。
開始早々、指の感覚が無くなり2時間でギブアップ。
岸に上がってアルコールストーブを焚いて暖を取るが・・・本音・・・帰りたい(w

結局3時間半、振り続けるが一匹も釣れずいつ帰るかばかり考えての釣り・・・、何も面白くない(w
のんびり抹茶ラテなんか飲みながら湖面を見ていると、どうやら大きな魚だけの回遊コースがあるようで、
ボイルの大きさ、時々見える背びれの大きさなどから推測しても、大きいと思える魚は、同じルートで
確認できる。

立木の先、2m・・・。

そこにフライを投げ込むために、数メートルの場所移動をし、腰までお水に浸ってキャスティングも
ヒュン・ヒュンからビュン・ビュンへ・・・(w

結局10時過ぎから3時くらいの間に19匹のニジマス君をゲット♪
そのうち8本は50cmUPですので、帰らず辛抱して良かった良かった♪
c0136486_1245014.jpg
c0136486_12453959.jpg
 
c0136486_12552397.jpg
]
c0136486_1247616.jpg
c0136486_12565974.jpg
c0136486_12572079.jpg
c0136486_1311349.jpg
c0136486_1313844.jpg


手が寒さでビリビリしているので、写真を撮ることが本当にシンドイ訳で・・・、それでも数枚
バカチョンカメラで記念撮影を・・・。

c0136486_1363541.jpg

出かける前に、新しく買ったお財布の整理を。
山や釣りで、大きくガサバルのが嫌で、それようのナイロン製で軽いナイキのお財布を
アウトドアーショップで2000円で買い、カードとお金を少し入れ替え、ついでに三峯神社の開運御守を
何気に放り込んでおいたのが・・・もしかして♪

雨に濡れるのが嫌で、お財布の中に釣り券と御守を重ねておいたのできっとご利益があったのですね(w


さてさて、最近丸沼も釣れると聞くとその場所に集中してしまっているようですが、
ほとんど毎回、私は立木周りをメインに釣っていますが、それなりに釣れております(w
逆に釣り人が集中してしまっている所は、お魚さんもスレていて手ごわくなっているようですし・・・。

もう一回・・・行けるかな!??

やっぱ、無理かな!??

嘘言って、一日休んじゃおうかな!??

どうなるか分かりませんが、たとえ行けたとしてもかなりのリスクを背負ってになると思うので(w
ブログにUPは出来ないでしょう!!(w


今年も沢山の丸沼ファンの方々にお世話になりました。
ありがとうございました。
来年も雪が解けた頃、お邪魔が始まると思います。
環湖壮のスタッフの皆さん、UZUさんに感謝の気持ちをこめてこれからも通いたいと思います。
[PR]
by summerdun | 2013-11-06 13:34 | Fly Fishing