<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

TMC バイス

c0136486_2292269.jpg

TMCバイスが届きました♪
限定物に弱いらしく、ついつい金額も考えずに・・・(汗)
6万円ちかいバイスを買うのは、どういうものか・・・と、思いましたが
フライフィッシングが趣味から生活の一部になってしまった以上、
決して高価でない!! やら、 良いフライを作るためには良い道具を!!
など、無理矢理な口実をいくつも並べて、2ヶ月近く待って、本日購入となったのであります。
今年の限定カラーは、ブラックであります♪

ここ二ヶ月で色々な口実を並べて、既に20万円以上の金額を費やしております・・・(汗)
ロッド、 リール、 ウェーダー、ネット、 ハックル・・・・。

この辺で生活の一部どころか、ただの道楽にならぬよう気をつけなければいけないのですが、
生活の一部・・・、いやいや生涯の楽しみ!!所謂、人生!?
などと、更にグレードを上げた口実が幾つも脳裏に浮かんできておりますので、
このお馬鹿は直らないことでしょう・・・(笑)


新しいバイスでフライを巻きながら、明日行く渡良瀬川を思い浮かべる・・・。
2年前は足利地区に行ったが、釣り上げることは出来なかった(涙)

明日は初めての桐生地区!!

inaxさんに情報をいただき、ワクワク気分であります♪


では、乞うご期待!!
[PR]
by summerdun | 2008-03-31 22:35 | 道具

俺のふる里

c0136486_14511593.jpg

我がサロンは2階にありますが、その上に会社の事務所があり、
1階はトヨタレンタカー。
確かに皆で共用する入り口ではあるが・・・(汗)

冠 二郎のポスターがいつの間にか貼られている・・・。

秩父出身の演歌歌手で、僕の両親も熱烈なファンではあるが、
何もここでなくても・・・(涙)

美容室へと続く入り口とは、到底思えない(笑)

流石に、剥がして持ち去る人はいないようです・・・。

4月9日にコンサートの様ですので、10日にはなくなる事でしょう!!


ご理解のほどを・・・。
[PR]
by summerdun | 2008-03-30 15:55 | イベント

風のように・・・。

c0136486_12313469.jpg

cutとカラーを終え、風のように去っていきました・・・。

相変わらず、忙しい方です(笑)

「ダム下に入ってくるから、夜状況を電話で教えるから!!」
そういいながらGTRで、大滝方面へ・・・。

本日5:30より、テレビ東京で久しぶりに岩井渓一郎さんの
渓流の姿が観られます♪
行きつけのホルモン屋さんでみんなでワイワイ飲みながら
観られるようですが・・・、僕は仕事ですので、サロンでチラチラ横目で・・・。

きっと今頃、イワイミノーで釣りあがっている事でしょう!!

今年は、熊が多いようですので、お気をつけ下さいませ!!
[PR]
by summerdun | 2008-03-29 12:50 | おすすめ!!

岩畳の上より・・・。

c0136486_23451837.jpg

仕事を早めに切り上げ、残り僅かな時間に期待しつつ、
車を飛ばして荒川本流の長瀞へ!!

5時過ぎに到着し、上流へ下流へ・・・、ライズを探すが・・・、

  シ~~~ン ・・・。

気13℃  水温12℃  ハッチいっぱい・・・。

あまりウロウロしても仕方ないので、数日前に友人が一匹釣り上げた
淵の前で一服しながらライズを待つ事に・・・。
c0136486_2355305.jpg

♪ 花ぁ~の長瀞
  あの岩畳~、こらしょっ!!  ♪♪

日が暮れて、だんだん薄暗くなってくるにつれ心細くなり、ついつい秩父音頭を口ずさむ・・・。

青白い長瀞の淵の脇で、もしかしたら昔はここに河童がいたかも!!
なんて想像しながら・・・、早く帰りたい(汗) 、でも、 まだまだ帰れない・・・。

結局、6時半まで頑張ってみたが、ライズも河童も見つけることが出来ず
帰ってきたのであります。


もうしばらくすれば、ヒゲナガが飛び出すことだろう!!
その頃にもう一度、ビクビクしながら夜の長瀞を楽しむことにしましょう。

荒川の戻りヤマメ・・・。

なかなかタイミングが難しゅうございます・・・(涙)
[PR]
by summerdun | 2008-03-28 00:18 | ぼんやり

杉林の中から・・・。

c0136486_10535237.jpg

ポカポカ陽気に誘われて、休日だというのにゆっくり寝ていられずに
朝からソワソワしはじめる・・・。
曇りのはずの天気予報だったのに・・・、雲一つ無い青空(汗) 

嘘つき・・・。

誰を憎む訳にもいかず・・・、

言われて一番嫌いな言葉を呟く。

小雨の降る本流に,戻りヤマメを釣りに行く為の準備をしていたのに、
この天気だと、ライズにさえ巡り会えないだろう・・・と、ベストの中身を
慌てて入れ替えて、いつもの渓流へ・・・。
c0136486_1114396.jpg

先週の土曜日に知人数人が釣り上がったようだが、あまり良い結果は出なかったようだ。
ならば、思い切って下流側に入ってみようと、車を止め川を覗き込む・・・。

あれ!!

仕事の無い時期には、毎日釣りをしている小菅さんが珍しく下流側で既に釣りをしている。
「上流側は水が冷たくてダメだ~!!」
そんな言葉を交わしながら一緒に釣り上がる事に。
c0136486_114072.jpg

結局日没までの数時間を掛け、下流から最上流部まで釣り上がり、
25匹のヤマメを釣る事になるが、確かに渋い・・・。
c0136486_114311.jpg

昼過ぎから、シロハラやマエグロのハッチは確認できたが
あまりライズする魚を目にする事はできず、3時から6時まで再度下流部を
一人で釣り上がる事に。
パラッ・・・と、通りすがりの雨が上がり、#16のフライさえ目で追うのが困難に
なってきた時間帯から、淵からヤマメが湧いてくる・・・。

なんで??

そんな気分でフライの交換がめんどくさくなり、CDCからパラダンに換える・・。

十分過ぎるくらい、そして今までに味わった事の無い時間のゆっくりとした経過を感じ
途中で竿をたたむ・・・。

明日、この先はこの川の番人、小菅さんに釣ってもらおう!!と。
c0136486_1241268.jpg

帰り道、沢水で喉を潤す・・・。

杉林ばかりではあるが、大きく深呼吸する・・・。

先週とは微かに違う、春の香りが人より低い僕の鼻をくすぐる・・・。


美味しい水は買う時代。
しかし、美味しい空気はただ・・・。

人間も生き物。
そして、息物・・・。

美味しい空気を買う時代だけには、なって欲しくないナァ~・・・。





杉林の中でお願いしたところで・・・(涙)
[PR]
by summerdun | 2008-03-26 12:43 | Fly Fishing

そろそろ・・・!?

c0136486_12562713.jpg

レイバンのサングラスをいつも買う、秩父のメガネ屋さんから
ディスプレイ台が届きました♪
もちろん2008年度のカタログも!!(笑)

毎年数本のサングラスや偏光グラスを買っていますので、
もはやこのお店では、レイバンの美容師さんと呼ばれております(笑)

毎年のカタログを届けていただくのももちろんですが、
レイバンのメモ帳やディスプレイ台までも届くとは・・・・(汗)

ありがとうございます!



そろそろ、もう一本いかがですか!?


そんな、聞こえない言葉が・・・、

ジワジワ・・・と、聞こえてきております・・・。
[PR]
by summerdun | 2008-03-23 14:13 | お気に入り!

戻り!!

c0136486_1605866.jpg

そろそろ、荒川本流でもライズが確認できるようになってきたようだ・・・。
年々ライズを見つけることも、良い結果を聞くことも少なくなってきた。
知らず知らずのうちに足も遠のいてしまい、昨年は一度も本流に
立つ事は無かった・・・。
しかし、今年の状況は気になっていたのだ。昨年の台風で、かなりの魚が
本流に流されている事だろうし、その魚達がたどり着く所は玉淀ダム・・・。
そこから春先には、かなりのヤマメが上ってくるのでは!?・・・と。
実際に、一昨日に友達が25cmではあるが幅広の鰭ピンヤマメを釣り上げているし、
ライズさえしていなかったが、プールの中層を泳ぐ尺オーバーの魚体を何匹も
確認しているようなのである。

4月の半ばになったら・・・・、

オオクママダラが出る頃に・・・、

渓流が一段落したら・・・、


そんな事言っていられない・・・。
既に友達は釣り上げているし・・・(汗)

慌ててベストのポケットの中身を入れ替える。
オオクマにはまだ早いが、いつでもOKの状態でいるために何本かの
#10のフローティング・ニンフを忍ばせておく・・・。

火曜日が楽しみで仕方が無い・・・♪♪

c0136486_16335711.jpg

ソファーに寝転び、フライを下から覗き込み・・・あ~でもない・・・・こ~でもない・・・。

魚になったつもりで・・・。

川の中から水面を見上げるように・・・。

イタリアンでも中華でも無く・・・、もちろん寿司でも焼肉でも無く・・・。
「やっぱり、水面に浮いているニンフが一番旨いよね!!」

そんな気持ちで・・・。


  ・・・・。(汗)

良く分からないが・・・・。



まぁ~、良しとして・・・。


魚じゃないし・・・・。
[PR]
by summerdun | 2008-03-21 16:46 | お魚さん♪

伯吉ネット♪

c0136486_9125782.jpg

4本目の伯吉ネットがF・A・I・Sより届きました♪
毎年毎年、サイズと焼き入れとネットの色を変えて作っていただいております。
今まで作っていただいたどのネットも軽く、美しゅうございます!!

魚を掬いあげるだけの道具ではありますが、竿やリールと同じくらい愛着の湧く、
そしてこだわりたい道具の一つでもありますよね♪
c0136486_9273830.jpg

仕事の合間に一服しながら、届いたばかりのネットを ニヤ~♪♪ っと、しながら
眺めていると、スタッフのナオの一言が背後から・・・、

「子供にバッタ捕ってあげるのに、ナオも欲し~なぁ~!!」

おい・・・・(汗)

おい、おい・・・。

違うよ・・・。


釣りをしない女の子に説明してもしょうがないので・・・・、

「ちょっと頑張れば、きっとセミも捕れるよ・・・。」



   ・・・・・。 (涙)
[PR]
by summerdun | 2008-03-20 09:42 | 道具

70cm以上も20cm未満も♪

c0136486_4254016.jpg

「今、関越道を走ってるんですけど・・・、秩父で釣りしようと思って・・・。」

朝、一本の電話で起こされる。
まだちょっと早いよ!
本当はそう言いたいが、こちらに向かってる人間にそんな酷な事言う事も出来ず、
ご一緒する事に・・・。

東京の江東区からわざわざ、水の少ない秩父の瀬に・・・。
なんとか釣らしてあげたいが、こればかりは神様にしか分からない。
もしだめなら、山一つ超えた神流川に連れていけばいいやと・・・。

c0136486_4361612.jpg

普段、東京湾でシーバスのガイドをやっているキャプテンも
昨年からフライフィッシングの面白さに魅了され、仕事の合間に
海から山へ通っているようである。

いつも70cmのスズキを釣っている彼が、20cmにも満たないヤマメを釣って
大はしゃぎする姿は、こちらも見ていてなんだか嬉しくなってしまいます(笑)

c0136486_4494628.jpg

幸いにも、冬場からまめにチェックしていたこの小川では魚たちも
所々でライズを繰り返していて、メイフライのハッチはまだ無かったものの、
CDCダンの#16で釣りあがれば、面白いように魚たちがフライに飛びつき、
そのあまりにも派手な食いつき方に、キャプテンも

「かっこいい~!!」

・・・の、言葉を連発しておられました(笑)

チョロチョロの小川であるが、所々のプールには尺を超えるヤマメが数匹。
40cmオーバーのイワナも確認でき、そのうえ全てひれピン!!
キャプテンも尺オーバーをばらしております(笑)

一雨降れば、面白くなりそうであります♪

キャプテン、お疲れ様!!
また一緒に釣りましょう!!
[PR]
by summerdun | 2008-03-19 05:04 | Fly Fishing

イワナぁ~ イワナぁ~ イワナぁ~~!!

c0136486_1939091.jpg

至る所にまだ冬の余韻があるが、もう~、春だ!! ・・・と言っても過言では無い筈!!
髪を切りにいらっしゃるお客様も、知らず知らずのうちに薄着になり・・・、
近所の野良猫も、ミャ~・ミャ~と、色気づいた泣き声でパートナーを探しているようだし・・・、

とにかく、仕事中眠い・・・(笑)

確定申告の書類も全て提出し、しばらくの間は釣り三昧・・・♪

とりあえずヤマメの顔は十分見たので、この連休中にどうしても
イワナの顔が見たい・・・、どうしても・・・、なんとか・・・(汗)

c0136486_2014324.jpg

ヤマメ釣りさえちょっと早い秩父の瀬で、イワナなんて到底無理・・・。
思い切って、雁坂峠越えで山梨県側に行く事に!!
I'S 3を車に投げ込み、1時間のドライブで目的の川に・・・。

去年も3月にこの川で釣りをしたが、確かアマゴ一匹釣っただけだった・・・。

なんか、嫌ぁ~な空気があたりに立ち込める(汗)

1時間くらい釣り上がるが、チビちゃんがフライを突きにくる程度・・・。
だんだん、飽きてくる・・・。

c0136486_2026399.jpg

フライをCDCカディスに代え、徐にキャスト・・・、
横風にあおられて岩の縁に張り付いてしまい、そのままの状態で足場を代えるつもりで
隣の石へピョン!!
そのほんの数秒の間に、イワナがゆっくり浮上してきてパクッ!!
何とも後味の悪い最初の一匹に・・・(笑)
c0136486_20363223.jpg

その後は飽きない程度に、イワナ・ヤマメ・アマゴが適度に釣れて、
長い一日を終えたのでした・・・。

小さいながらも綺麗で元気な渓魚が多く確認でき、
もう2~3週間もすれば、活性も上がり満足のいく大きさの魚も
チビちゃんの中に混ざり釣れ始めることだろう!!

成魚放流の魚も、もちろん大切に思うし遊ばせていただいている。
きっとこれからもそうだろう!!
しかし、たとえ10cmであれ稚魚放流の魚や、天然の自然繁殖した
魚を見てしまうと、「やっぱりこっちの方が・・・良いよなぁ~♪」
ついつい、呟いてしまう・・・。

いつまでも、このままで!!

そんな捨て台詞を残し、再度雁坂越えへ・・・。


そして4月にもう一度、あ・そ・ぼ ♪♪
[PR]
by summerdun | 2008-03-17 21:02 | Fly Fishing