<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年はこれで・・・

今シーズン最後の火曜日・・・、毎年の事だがなんだか寂しくも感じられるが、
それでも湖の釣りは、これからが本シーズン。もちろん、秩父荒川のC&Rもスタートするし・・・。
数年前までは、仕事を休んでまでも渓流に足を運んでいたが、なんだか年齢とともに、ここ数年
そんなにガツガツすることも無くなり、秋の楽しみのために準備に追われる月末を送っていたような・・・。

台風の影響も気になり、とりあえず最後の渓流釣行を秩父の瀬で!!  って言う事で、
車を走らせるのだが・・・、まぁ~混んでいらっしゃること・・・。
c0136486_10253564.jpg

本流をあきらめ、支流に入るが・・・どこも駐車スペースには車がいっぱい(汗
だからといって、釣りをしないで帰るにも・・・なので、沢まで降りるのにちょっと一苦労な場所を
恐る恐る草につかまりながらずり落ちて行くと・・・、20~23cmのヤマメさんの入れ食い状態。
c0136486_10314127.jpg

台風による増水で、お魚さんも入れ替わったのか、警戒心なくひとつのプールで5匹くらいが
釣れてしまう。
これはこれで・・・つまらない・・・。

もう数はいらないので、もうちょっと大きいサイズをって事で、さらなる藪沢へ・・・。

c0136486_10392940.jpg

釣れる区間は短いし、足跡だらけだが、丁寧にレーンにフライを流せば魚からの応答はあるもの。
秋は魚の活性も良いので大きなサイズのフライで釣れる・・・・、それは秩父のような激戦区では
通用しないこと。
春先のような小さな繊細なフライを使うほうが確実のようにも思える・・・。
まぁ~こればっかりは好みだが(w

まずまずのサイズが釣れたところで、今シーズンの竿納め♪

竿納めって言っても、渓流に行かないだけで一年中どこかで振っている訳で
本当の意味の竿納めにはなっていないのだけど・・・。
c0136486_1101131.jpg


#18のアントフライに飛び出した秩父イワナ君。
リリースしても、なかなか離れてくれず、名残惜しそうに近くを回遊しているのをしばらく眺め・・・

春先に根元に腰掛、コーヒー沸かしてひとり花見した山桜の葉っぱが、黄色や朱色に変わり始め・・・

谷を転げる風の色が、薄紫に変わり・・・


沢山の山のお友達に、来年またね!  と、挨拶をして



今年は、おしまいおしまい!!
[PR]
by summerdun | 2013-09-25 11:13 | Fly Fishing

丸ってきました!

仕事が終わり、知り合いの居酒屋さんでサンマの塩焼きでちびりちびりと・・・。
いつもは午前様の私ですが、11時半にはサロンに戻り、冷たく硬い床に2時までゴロリン・・・。
気持ちいいくらい スクッ!!と起きて3時間弱のドライブへ。

台風の影響で、秩父の渓流は真っ茶っ茶・・・。
川か湖か迷う時期だが、今回ばかりはそんな事もなく
暴風と暴雨の朝、仕事に向かう前に湖用のタックルとウエーダーを車に積み込む姿を
両親は呆れた顔で見ているのを、背中越しにではあるがかなり強烈に感じていた・・・(w
川ではなく湖だから心配しないで・・・。
説明することは可能だが、こんな時に・・・  っていう、ほんの少しの後ろめたさもあるので
何も言わずに車に飛び乗ったのだが・・・お顔はニンマリ♪  心はウキウキ♪♪

台風の被害にあわれた方には大変申し訳ないが、我がサロンは非常階段に置いておいた
大切に育てていたオジギ草の鉢植えが二つ、隣のレストランの駐車場に飛ばされただけで済み
大きな被害がなく、週に一度の定休日も通常どうりに休めそうなので行ってしまおう・・・・と。
c0136486_1218959.jpg

気温6℃・・・。
寒い・・・。

釣り券発売に5時半に到着すると、10人くらいの釣り人がすでにスタンバイ。
火曜日釣行でこんなにたくさんの人が、この時間からいるのを初めて見たのでちょっとビックリ。
僕は僕で慌てることもなく、6時近くから始めればいいか・・・と。

釣り券を買い湖に近付くと、お先に釣り始めている方々はほとんどメインの流れ込みに・・・。
広い湖、一か所に7人くらい固まっておられるのは・・・なんだか窮屈・・・。
確かに、かなり釣れているようでしたが、僕は誰もいない立木の端っこに・・・。
そんなにいっぱい釣れなくても、のんびりゆっくりと・・・が、好きなんで・・・。
c0136486_12495194.jpg

寒かった朝も、お日様が出れば心地よい秋を感じさせる気候に。
ウエアーを一枚脱ぎ、袖まくりしての連続キャスティング・・・。
3時間ノンストップで・・・2度ほどバレただけの・・・NOフィッシュ・・・。
流れ込みでは、遠目で見ているのに釣れている姿ははっきり見える・・。

気分転換にキットカットを一本銜えてちょっと遠投を・・・。
ひとくち目で大きな当たりがあり、焦って手繰り寄せる途中で残りのキットカットはお水の中にポトリ・・・。
やっとの思いで釣れたお魚に、内心ホッ♪として、写真撮影の場所を目で探しながらお魚を引き寄せると・・。
c0136486_1364053.jpg


ちみではないのです・・・はい・・・。

キットカット…返せ・・・。

気温も上がり、少し風も吹きだした10時!?くらいから、立木周りにもお魚さんがいらしてくれたようで!
c0136486_13221689.jpg

c0136486_1338455.jpg

それでも5時まで振り続け、6匹のニジマス君に遊んでいただき(ニゴイ君にもw)
満足な一日になったのであります。

すでに湖面にも、その周りにも色づき始めたたくさんの葉っぱ達があり
秋を感じずにはいられません。
もう少しで丸沼も・・・キンキンの季節になるのですね・・・(w
今年も凍傷に気をつけながら頑張りましょう!

c0136486_13472840.jpg

照り返しでお顔がヒリヒリ・・・。
腕まくりしたので、お手てもピリピリ・・・。

皆さん、日焼け対策お忘れなく!!


c0136486_13585375.jpg

ここまでくると、火傷・・・w

お客様に、サーフィンですかって!?  って聞かれたので、
はい、丸沼でって答えておきましたが・・・。
[PR]
by summerdun | 2013-09-18 14:06 | Fly Fishing

ぼんやりと・・・。

c0136486_13304948.jpg

高校を卒業するまでの18年余りを過ごした小鹿野町の日尾地区・・・。
合角ダム建設に伴い、僕が美容師として都内で働きだした頃に
この場所から、もう少し街の方に引っ越したわけだが・・・、20数年間
よその土地で生活していた自分にとって、いくら実家と言われても
馴染む事も出来ず、ましてや隣近所とのお付き合いも挨拶程度・・・。
もちろん両親はそれなりにお付き合いはあるようだが・・・自分にとっての
居心地は、はっきり言ってよろしくないのが真実。
もちろん既に旧家は取り壊され、駐車場に変わり果ててしまっているが、その場所を取り巻く
山や川、竹林に杉林。あいにく近所のおじさん達が耕していたこんにゃく畑は
跡形もなく雑木林に変わっているが、他の目に映る景色は子供の頃とさほど変わる事もなく
ついつい足が向いてしまう、懐かしい場所。

玄関を出て、右手にそびえる山の頂上には、日尾城というお城があったらしく、
何度かそこまで山の斜面を這い上がり、城跡と呼ばれている場所で子供心に
その時代のお城の形状やそれを包み込む風景などを、真剣に想像したり、
誰も来ない寂しい山の上で、麦茶飲みながら幾時間でもその場にしゃがみ込み、
何か不思議な出来事でも起きないものかと、ドキドキともワクワクともいえる
胸の高まりを抑えつつ、うす暗くなるまで瞑想をしていたものだった・・・・。
とにかく、一人が好きだった…変な子。

尾根伝いに歩くと、観音山がそびえている。
そびえるなんて、大げさな言い方だが実際は698mしかないお山なのだが、小さな頃の僕たちには
富士山よりも、武甲山よりも親しみのある存在だった。
三田川地区から眺める形状よりも、倉尾地区から眺める方がカッコよく、
図工の時間で、風景画といえばこの山をひたすら描いていたように思う。

裏窓を開ければ、手の届く所に藤倉川が流れ、この川でヤマメやイワナの釣りを覚えた。
子供の頃から変わり者で、あまり人と吊るんで遊ぶ事が苦手だった自分は、
何とか下手くそな嘘をつき、野球やらサッカーのお誘いをかわし、
誰もいない川と山に潜り込んでいたような子だった・・・。

この年になっても、川に頻繁に通う事を、沢山の人に不思議がられる。
そんなに釣りって楽しいのか!?
どんだけ魚を釣りたいのか!?

・・・・・どちらも間違いではないが、もう少し厳密にいえば、川にいる事が目的なんだと・・・。

山も同じ、山に行く事、山にいる事が目的なんだと思う・・・。

c0136486_14152244.jpg

トレッキングや登山を本格的に始めたくなったのも、別に不思議なことではなく、
釣り同様、小さな頃から何一つ変わっていない唯つの遊びなのであります。

1時間ちょっとで登れる山でも、子供の頃と同じく山頂でひとり思いに耽る事や、
麦茶に変わり、ドリップコーヒーを啜っている姿は、どう映っているのだろう!?
ちょん髷結った、日尾城のお殿様の亡霊でも、観音山の山神様でも・・・そこのおおきなブナの木の精霊でも
いいから、感想聞かせて!?  なんて思いながら一休みする山頂も、なんだか心地いい(w
c0136486_1439262.jpg

夏も終わり、足早な秋がすでに・・・

山の奥では、数少なくなったセミが、最後の足掻きのような泣き声でミンミンを絞り出している。

少しだけ色の変わりだした葉が、そんなミンミンを諦めさせるように赤とんぼを休ませている。

c0136486_14492346.jpg

和田アキ子より大きい!?
c0136486_14511963.jpg

だいぶ昔に廃校になった母校の倉尾中学の生徒さんの製作らしい。
何が来るって!??
天狗!??
c0136486_14533919.jpg

恋人…捨てません  捨てた事、一度もありません・・・はい・・・。
いつも、捨てられてます・・・。
c0136486_14551171.jpg

紅葉がちょうど良い頃、栗ごはんのおにぎり持ってここに来たい。


日尾城のお殿様は、かなりの酒豪だったらしい。
敵に攻め込まれた時も、来客とお酒を飲み、
へなちょこさん状態で、兵の指揮がとれず、奥さんが代わって
多くの兵を誘導して戦ったようです。
そのお殿様の住むお城の真下に住んでいた僕のご先祖様。
一番近い家だったので、それなりにお城に仕えていたんだろうな・・・。
酔って、色々言われたんだろうな・・・。

今の自分と照らし合わせる・・・。

似てる…(汗

その後、お殿様は反省し、禁酒したらしいが、現世の僕のお殿様は・・・無理ね・・・(涙
誰だかは、ご想像にお任せいたします・・・。

まだまだ、歩きます♪
[PR]
by summerdun | 2013-09-13 15:23 | 風景・雲・空・やま

丸沼っていました!

c0136486_1342430.jpg

川に行こうか・・・、
山に行こうか・・・。

それとも湖に・・・。

考えても考えても・・・結局月曜の夜まで答えが出ずに(w

今週末は、お休みを土曜日に頂き毎年恒例の神流川フォーラムに出陣予定なので、
とりあえず川での釣りはできるので・・・ではでは湖にでも。
なんて考えてはみたが・・・すでに深夜12時30分。
できることなら2時半までには出発したいし・・・寝られるとしても2時間弱・・・。
いっそ寝ないで出てしまおうか!なんて考えてもみたが・・・缶ビール一本飲んじゃったし・・・。
とりあえず、お布団に入り2時15分に起きれたら丸沼まで行こう!!なんてことで、とりあえずの仮眠を!

案の定・・・3時15分起床・・・(汗

それでも夜空を見上げると、ドヨ~ン・・・とした天気でしたので、丸沼に行ってしまえ!!  と、いうことで、
のらり・くらりと、支度を済ませ2時間半のドライブへ・・・。
c0136486_1475578.jpg

5時45分到着!
釣り券売り場が5時半からだったので、すでに数人の丘釣りの方が振り振りしている模様。
メインの流れ込み周辺に、4~5人が入っていらっしゃるので、僕は誰もいないボート乗り場付近へ!

きっとスレ・スレで釣れないだろ~なぁ~・・・なんて思っていたが、なんのなんの、お魚の活性は高いようで
釣り始めて数投でお魚からの反応が♪

ただし、なかなかフッキングしない・・・・
フッキングしても外れてしまう・・・
食いが浅いようで・・・警戒心がお強いようで・・・。

きっと皆さんが、あまりお使いにならないであろうショッキングピンクやら
派手派手なオレンジカラーの管釣り用のフライを投げ出したら、難なく釣れてしまった50cmUP君!!
c0136486_14482338.jpg

湖面の照り返しが強く、真黒に日焼けした左腕と顔の左半分がヒリヒリ。
本シーズンはこれからなので、慌てることもなく下見気分ののんびり釣行のつもりでしたが
結局3時半くらいまで釣り続けたのかな!?

ネットインできたのは3匹だけだったが、足もとまで寄せてアタフタしている間に逃げて行ったお魚4匹。
足もとまで寄り切る前にお逃げになったお魚たち数多く・・・。
フッキングまでには至らなかったが、完全にお魚さんがフライにジャレついておられるのね! ってのが
数え切れず・・・(w

来月からはもう寒くなるんだろうな~!!
なんて考えながらの帰りのドライブも嫌な気はせず、むしろ楽しみのような・・・。

今年も後半戦、振り倒しますぞ!!
[PR]
by summerdun | 2013-09-04 15:16 | Fly Fishing