<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

28本

c0136486_1634947.jpg



先週 アレだけ引きまくったのに(2日間)、なぜだか やり残したような 不完全燃焼のような 残尿感のような・・・
なんだかスッキリしない中禅寺湖釣行に。
そろそろ渓流も行きたいし、これが今シーズン最後と決め、宿をとっての単独2日間釣行。
あれから一週間しか経っていないのに、試してみたい事が沢山でき、結局昨日も明け方から湖畔に立つことに(w

もともと、秩父のヤマメ・イワナ釣りが主のワタシ。
ショルダーバックをベストに変え、大きなリリースネットを背中に背負う事でなんだか安心感が!!(w

いつもは薄明るくなってからの行動も、今回はヘッドランプを頭に付け、
まだまだ暗い駐車場から砥沢のポイントまでビクビクしながら歩くことに。

朝の静寂

まだまだ 肌寒い湖畔


ユニクロのダウンジャケットでは寒く感じる47歳 独身  O型  好きな食べ物は たまごボーロ。



c0136486_1654409.jpg


あっちに チョロチョロ

こっちに  チョロチョロ


全然釣れません・・・。


仕方なく、大きくポイントを変え振り続けていると
僕と反対側の国道側で釣りをしていた友人も釣れていない様子で同じポイントに。

午後3時ころまで アタリも無く
今日はデコり決定だなぁ~・・・なんて考えている矢先に お魚さんからの小さな反応が・・・。

小さな反応ではなく、魚自体が小さいので反応も小さかったのね・・・。
笑ってしまうが30cmの鰭ピンブラウン君。
このサイズが川で釣れれば嬉しいのだが、湖ですと赤ちゃん(w
11時間釣り続けて 最初のアタリがこやつ。
それでも デコりだけは免れたので  良しとしましょう!!

ブラウンをリリースし30分後くらいでしょうか


ドカッ!!    と、


大きな衝撃が竿先に

c0136486_1754242.jpg


c0136486_1761611.jpg


あげてみれば 52cmのレイクトラウト!

嬉しいのだが どうしても60cmUpが出ない・・・。

それでも諦めかけていた時間帯の、立て続けの2本だったので満足満足!!

c0136486_17132510.jpg



中禅寺湖は 難しい・・・

だからこそ 釣れた一匹の価値も違う


デコっても 仕方ないよ それが中禅寺湖だから・・・・

嫌なのだ 絶対絶対 嫌なのだ!!



今シーズン 2回 デコってしまいましたが
確実にアタリを合わせたつもりなのに 魚をバラしてしまっている・・・。

色々考えた結果、今回たった2回のアタリを逃すことなくキャッチできたのも簡単なことで
少しでも湖底の石にハリが触れてしまったら、めんどくさがらず新しいハリに取り替えていました。
帰ってから取り替えたハリの数を数えたら28本!!(w
こんな些細な事ですが、どうしても結果を出したいお馬鹿さんには当然のことで
何でもっと早くに気がつかなかったのか・・・反省しまくりの昨夜の入浴タイムでした。


セミでブラウンの釣りも楽しいだろうが、
どうせセミで釣るなら源流でイワナがいい!


来週は 秩父の山奥に



潜り込みます!!
[PR]
by summerdun | 2015-05-27 17:39 | Fly Fishing

中禅寺湖28時間

c0136486_19275236.jpg



負けず嫌いな 勝ち知らずさん・・・・


たとえたらこんな感じでしょうか!?
まだまだ今年の中禅寺湖、お魚釣り上げてないのでなんだか イライラ・・・(w
月に一度の貴重な連休も、全て中禅寺湖に捧げてしまいましょう!!  なんて事で
一人湖畔に宿を取り、2日間で28時間の荒行を行うべく深夜0時に秩父を出発!
色々とお上手な人たちに頭を下げ、それなりの情報を仕入れてきたが・・・
それでもやっぱり不安。
連休をもし2日間ともデコってしまったら・・・4・5日(05日は半日でしたので)デコさんに・・・。

そんな不安を持ったまま4時には砥沢にスタンバイ。
このひと時が いち日で一番好きな時間帯かも。

まだちょっと肌寒い気候に、グローブを忘れたことを後悔しながらも
気持ちの良い第一投!

去年に比べると だいぶ飛距離はでてきたが なんだか華麗さが無い(w
周りに上手な方々が多いので どうも自分のキャスティングスタイルが好きになれないのである。
練習はしているんだが・・・まだまだであります。
振り続けること4時間・・・、待望のアタリをしっかりキャッチ!



c0136486_20173143.jpg




53cmのレイクちゃんでした。
その後、場所を金谷ホテル前に変え、振り続けること18時まで・・・。
あたりも無く、長~~~い 1日目終了です。


c0136486_20151625.jpg

お泊りは 「民宿おかじん」 さんへ
広いお部屋に小さなTV・・・。
第一印象はそんな感じ(w
それでも、のんびり湖畔を散歩したり、お部屋から湖も見えるし、
2食付いて7000円ですし気を使わない釣り宿。
またいつかお世話になろうと思います。
c0136486_20262725.jpg


二日目も 2時半に起床し出かける準備のはずが
起きてみれば凄い雨・・・。
嵐のような雰囲気に すでに戦意喪失です・・・はい。

雨が小雨になるのを待ち宿のすぐ前のポイントに入ると・・・、

c0136486_2031175.jpg


あんな方や

こんな方が

振り振りしております(w

結局この日だけで 5人のお友達が固まっておられました(w
もちろん、スッごく楽しい一日になりました!!

c0136486_20334774.jpg

それでも50cmのレイクちゃんを一本釣り上げましたが
昨日と同じく この一本で一日終了・・・。
場所によっては、けっこう釣れているようなので
ポイント次第で一日が決まるようですよ!


c0136486_2036747.jpg


ツッチーさん  釣りをしながらのキャスティングのアドバイスありがとうございました。
鈴木さん、バナナしっかり食べさせていただきました。
角田君、前のめりに水没した僕の姿を、わざわざ端から端まで伝えに来ていただき
ありがとうございました(w  しっかり見られていたのですね!
カズオさん、湖畔で一緒に呑みたいもんです(w  羨ましく思いながらいろは坂を下っていました。



かたくなに湖のフライフィッシングを断り続けてきましたが、
そんな世界に手招きしてくださった、僕の尊敬するある方のお陰で(あえて言いませんが(w)すんなり
溶け込むことも出来、そのうえ沢山の釣り友達も増え、本当に良かったと考えております。
もちろん渓流も大好きですし、続けていきますよ。
フィールドは違っても、同じフライフィッシング。
最近では僕みたいに渓流から湖にデビューしたい方のためのイベントなんかも
やっているブランドなんかもあります。
おおいに活用してみるのも良いかもしれません。
渓流禁漁後も、湖は釣りで来ますし、もっと大きな魚釣れますし!(W


場所を問わず、気の合う仲間と一日過ごし、それぞれがバラバラに自分の帰るべき場所に散っていく。



数年前の自分には 想像できないことでした・・・(w



今  幸せですよ!
[PR]
by summerdun | 2015-05-20 21:08 | Fly Fishing

G・W

G・W(ゴールデン・ウイーク)

毎年当たり前のことだが、縁のない言葉・・・。
「どこに行っても、混んでるから秩父にいるよ・・・」
以前はそんな言葉もよく聞いたような気がするが、ここ数年
秩父は羊山公園の芝桜や、三峯神社それから、山ガールや山ボーイ。
とにかく観光客や登山客でごった返しています。
道という道は渋滞で、いつもなら15分で行く所も60分なんて事は当たり前。
脱出したいが、結局祭日ということもあり、たとえ火曜日が定休日でも
サロンに出てきて仕事をしてしまうのが毎年恒例のこと。

仕事の合間に外の観光客や空を眺め
「良い天気だなぁ~!! Good Weather  !略してG・W]
なんて言ってみたり

友達のブログやフェイスブック眺めて
「渡良瀬川でヤマメ釣りたいなぁ~!!  Go!  Watarase!!  これまた略して G・W]
なんて言ってみたり


・・・・・・。

まじ、渡良瀬川行っちゃおう!!(w

そんなことから、僕のゴールデンウイーク  略してG・Wの内容は急遽 Go Watarase!!で、決まったのでありました。

c0136486_10283869.jpg

去年の今頃、ちょうどオオクマのハッチのピークにお邪魔させていただき
Inax師のアドバイスで渡良瀬ヤマメを釣らせていただき、
その時の教訓を生かすべく、水面絡みのフライをいくつも準備してきているので
去年ほどの緊張感もなく、6時ちょい過ぎには目的の桐生地区の橋の上流ポイントに
陣取ることができました。
相変わらずウネウネの、手のひらの手相のごとくに、いくつもの筋・・・。
こいつを攻略するのに面白さがあるのだが、とにかく滑る川底と12時間水面を睨みつけているので
腰と目の疲労はすさまじいのであります。
地元の常連さんは、ほとんどの方がウエーディング・スタッフ(杖)を持っているのに対し、
ワタクシは生まれたてのバンビの如く、ヨチヨチ・・・と、川を渡る姿が情けない。
こんなことなら登山用のトレッキングポールを持ってくればよかったなんて後悔してみたり・・・と。
c0136486_10482151.jpg


それでも魚はしっかりと釣らせていただいておりました。
上流のプールで一匹。
中間の瀬の中で二匹。
橋の下流で二匹。
そのうえ、ティペット切れで3匹バラシ・・・・と。
c0136486_1051329.jpg

釣れるお魚は、みんな大きいのでパワーが凄まじく、ついつい声が出てしまうくらい
エキサイティングな釣りが出来ます。

それでも・・・・、


午後の2時を少し回った頃でしょうか。
モンカゲのハッチも多くなり、流れ中央付近の撚れや肩にも、多くのライズが見られるようになり
全てイタダキマス!!モードでニタニタしながらフライを放り込むのだが・・・・、

!?
!??
!???


何を投げても・・・・無視。

先程まで楽チンに釣り上げていたフライも、完全無視!
ここ渡良瀬のヤマメは、入っている流れでまったく別の釣りを要求されているようで
頭がパニックになってします。
c0136486_110209.jpg

完全に自分の世界に入り、周りの音も聞こえず夢中に振り続けていたので気がつかなかったが
Inax師が後ろにいたこともまったく分からない始末(w
すぐに対岸に渡り、いとも簡単に釣り上げる姿は圧巻であり、なんだか懐かしさも!?

そう、この釣りに夢中になり、フライフィッシングの雑誌を毎月買い、古くなった雑誌も何度も繰り返し読んだ
若かりし頃。Inax師の渡良瀬川での釣りの記事を幾度となく読み、勉強したことをふと思い出す。
当たり前のように接していただいている今日ではあるが、憧れであったフィールドで、誌面の中のエキスパートであり、先生だった人が、あの頃と同じシチュエーションで目の前で釣っている・・・・。
なんだかまだ2度目の渡良瀬川で、ノスタルジィックになっている自分がおかしくも感じながら・・・・、良いLiveを観させて頂きました。流石です。
c0136486_11221458.jpg

日が傾き、これからイブニング・・・・という頃には、すでに疲れがピークに!(w
朝の6時から夕方6時過ぎまで、ふた口、お茶飲んだだけで過ごしてしまったので(w
それだけ夢中になっていたことになる。

結局今回も、沢山の課題を頂いた。
自分の中で毎日、シミュレーションしているので、だいぶイメージできているが・・・・、
やっぱりあの流れに立ちたい。

翌日の朝、とにかくウエーディング・スタッフをアマゾンのお急ぎ便で発注し、実家の釣り部屋から
いつもの竿よりも腰の強い、9フィート3インチの#3の竿を引っ張り出し・・・。

もう一度行くつもりでおります(w
c0136486_11452686.jpg

今届いたし!!(w


Inax師、森下さん、野口君、井野さんお世話になりました!
それからよそ者の僕に、ポイントを譲ってくれたり、気さくに話しかけてくださった方々ありがとうございました。
お陰さまで、予想もしていなかった楽しいゴールデンウイークになりました。
毎年連休中に休みを取り、そちらに出向くことは出来ないと思いますが、この時期の(5月)Good!な時期の
Watarase に通いたいと思います。

そう、僕のG・Wです。
[PR]
by summerdun | 2015-05-07 12:03 | Fly Fishing