G・W

G・W(ゴールデン・ウイーク)

毎年当たり前のことだが、縁のない言葉・・・。
「どこに行っても、混んでるから秩父にいるよ・・・」
以前はそんな言葉もよく聞いたような気がするが、ここ数年
秩父は羊山公園の芝桜や、三峯神社それから、山ガールや山ボーイ。
とにかく観光客や登山客でごった返しています。
道という道は渋滞で、いつもなら15分で行く所も60分なんて事は当たり前。
脱出したいが、結局祭日ということもあり、たとえ火曜日が定休日でも
サロンに出てきて仕事をしてしまうのが毎年恒例のこと。

仕事の合間に外の観光客や空を眺め
「良い天気だなぁ~!! Good Weather  !略してG・W]
なんて言ってみたり

友達のブログやフェイスブック眺めて
「渡良瀬川でヤマメ釣りたいなぁ~!!  Go!  Watarase!!  これまた略して G・W]
なんて言ってみたり


・・・・・・。

まじ、渡良瀬川行っちゃおう!!(w

そんなことから、僕のゴールデンウイーク  略してG・Wの内容は急遽 Go Watarase!!で、決まったのでありました。

c0136486_10283869.jpg

去年の今頃、ちょうどオオクマのハッチのピークにお邪魔させていただき
Inax師のアドバイスで渡良瀬ヤマメを釣らせていただき、
その時の教訓を生かすべく、水面絡みのフライをいくつも準備してきているので
去年ほどの緊張感もなく、6時ちょい過ぎには目的の桐生地区の橋の上流ポイントに
陣取ることができました。
相変わらずウネウネの、手のひらの手相のごとくに、いくつもの筋・・・。
こいつを攻略するのに面白さがあるのだが、とにかく滑る川底と12時間水面を睨みつけているので
腰と目の疲労はすさまじいのであります。
地元の常連さんは、ほとんどの方がウエーディング・スタッフ(杖)を持っているのに対し、
ワタクシは生まれたてのバンビの如く、ヨチヨチ・・・と、川を渡る姿が情けない。
こんなことなら登山用のトレッキングポールを持ってくればよかったなんて後悔してみたり・・・と。
c0136486_10482151.jpg


それでも魚はしっかりと釣らせていただいておりました。
上流のプールで一匹。
中間の瀬の中で二匹。
橋の下流で二匹。
そのうえ、ティペット切れで3匹バラシ・・・・と。
c0136486_1051329.jpg

釣れるお魚は、みんな大きいのでパワーが凄まじく、ついつい声が出てしまうくらい
エキサイティングな釣りが出来ます。

それでも・・・・、


午後の2時を少し回った頃でしょうか。
モンカゲのハッチも多くなり、流れ中央付近の撚れや肩にも、多くのライズが見られるようになり
全てイタダキマス!!モードでニタニタしながらフライを放り込むのだが・・・・、

!?
!??
!???


何を投げても・・・・無視。

先程まで楽チンに釣り上げていたフライも、完全無視!
ここ渡良瀬のヤマメは、入っている流れでまったく別の釣りを要求されているようで
頭がパニックになってします。
c0136486_110209.jpg

完全に自分の世界に入り、周りの音も聞こえず夢中に振り続けていたので気がつかなかったが
Inax師が後ろにいたこともまったく分からない始末(w
すぐに対岸に渡り、いとも簡単に釣り上げる姿は圧巻であり、なんだか懐かしさも!?

そう、この釣りに夢中になり、フライフィッシングの雑誌を毎月買い、古くなった雑誌も何度も繰り返し読んだ
若かりし頃。Inax師の渡良瀬川での釣りの記事を幾度となく読み、勉強したことをふと思い出す。
当たり前のように接していただいている今日ではあるが、憧れであったフィールドで、誌面の中のエキスパートであり、先生だった人が、あの頃と同じシチュエーションで目の前で釣っている・・・・。
なんだかまだ2度目の渡良瀬川で、ノスタルジィックになっている自分がおかしくも感じながら・・・・、良いLiveを観させて頂きました。流石です。
c0136486_11221458.jpg

日が傾き、これからイブニング・・・・という頃には、すでに疲れがピークに!(w
朝の6時から夕方6時過ぎまで、ふた口、お茶飲んだだけで過ごしてしまったので(w
それだけ夢中になっていたことになる。

結局今回も、沢山の課題を頂いた。
自分の中で毎日、シミュレーションしているので、だいぶイメージできているが・・・・、
やっぱりあの流れに立ちたい。

翌日の朝、とにかくウエーディング・スタッフをアマゾンのお急ぎ便で発注し、実家の釣り部屋から
いつもの竿よりも腰の強い、9フィート3インチの#3の竿を引っ張り出し・・・。

もう一度行くつもりでおります(w
c0136486_11452686.jpg

今届いたし!!(w


Inax師、森下さん、野口君、井野さんお世話になりました!
それからよそ者の僕に、ポイントを譲ってくれたり、気さくに話しかけてくださった方々ありがとうございました。
お陰さまで、予想もしていなかった楽しいゴールデンウイークになりました。
毎年連休中に休みを取り、そちらに出向くことは出来ないと思いますが、この時期の(5月)Good!な時期の
Watarase に通いたいと思います。

そう、僕のG・Wです。
[PR]
# by summerdun | 2015-05-07 12:03 | Fly Fishing

初夏!?

c0136486_11264239.jpg


27日、秩父地方の最高気温30℃。

ヤフーの天気予報で知る、4月の末なのに初夏の知らせ・・・。
いったい3週間前に雪が降ったことを、どのくらいの人が覚えていることだろう。
例年なら一ヶ月早い秩父の奥に、何気に足が向いてしまうのも、暦の上の考えよりも
動物的な、感!?それとも、予知能力!??  それとも・・・

流石に雪すら残っていないが、まだまだ芽吹きの時期といってもいいくらい
地面も空も、緑の縄張り争いが始まったばかりであるが、もう数週間で隙間など無くなり
緑の絨毯に緑のトンネルへとステージがチェンジされることでしょう!
それはそれで好きなのですが・・・、
もうちょっとゆっくり春を味わいたいのも事実ではあるが・・・、ジジ臭いか(w


c0136486_11271226.jpg


フライのセレクトにも気を使うが、それらしい物をベストに詰め込み
岩魚の住む沢に駆け込むのだが・・・・、水が無い(汗

ここまで枯れ沢になったのも・・・・記憶に無いが。


みんな無事だろうが!?


c0136486_11283570.jpg

c0136486_11291173.jpg

c0136486_11302681.jpg


歩いて奥に行くと、所々のプールには水が残り魚が確認できる。
もちろん細いけど確実に魚が生息できるだけの水量は確保できている様子。

手前が枯れているので、多くの釣り人は竿を持ってここを歩く事はまず無いだろうし・・・。
知っている人のみが入るであろう、小さな小さな沢。
しっかりとイワナは生き延びておられました。

ほっ!  と、しました。



c0136486_11362650.jpg



下流に場所を変え、ヤマメを数匹!
斑点の多いヤマメを釣り上げたところで、本日は終了。

いよいよ始まりました。
歩け歩けの釣り。
今年も去年以上に源流に入る予定です。
秩父の奥をお見せできるよう頑張ります。
[PR]
# by summerdun | 2015-04-29 11:40 | Fly Fishing

いきなり尺!!

c0136486_1558921.jpg

まだ早いかな!?

そんな気もするが、一日も早く歩きたい自分のホームグランドの奥秩父。
ゆっくりではあるが、確実に春の気配を感じつつも山間部の谷底は
雪さえ残っていないものの、渇水気味の切り裂くような冷たい水と、
ひと雨降って流して欲しい杉の葉や小枝が、きっと釣れないイライラ感を
更にあおってくる事は毎年のことなのではっきりと想像できる(w

c0136486_1675325.jpg

1時間・・・

2時間・・・

すでに 3時間経過。

気温上昇と共に、虫のハッチは多くなるが水面は静か・・・。
オニギリなんか頬張りながら、いまだ平静を保っている水面を見ていると
底のほうでゆっくり何かを捕食している魚影を発見!!
すかさずニンフに切り替えて、鼻先に放り込んでやろうと思ったのだが、

ニンフボックス・・・・忘れた・・・・。

少しでも水面に気持ちを向けるために、#14のカディスのフライを結び
魚の頭の上でフラッタリングを繰り返す。

c0136486_1619793.jpg

c0136486_1753984.jpg


難なく  釣れました!(w

大きいのはこいつだけで、20cmくらいのヤマメを3匹追加!!

十分でしょう(w

c0136486_1621677.jpg


日中、アレだけ暖かかったのに、
流石に日が陰ると肌寒い・・・。

いよいよ、秩父の渓魚たちにも、
スイッチが入ったようですね!!
[PR]
# by summerdun | 2015-04-01 16:26 | Fly Fishing

様子見に・・・。



2015年
今年は、かなりゆっくりスタートです。
前年は、かなりの大雪被害で、3月の解禁直後は秩父のどの瀬も残雪で
なかなか釣りづらい状態でしたが、今年は雪こそ無いものの極度の減水で
釣りをするにはなんだかためらってしまうくらいです・・・。

では、ひと雨降るまで待ちますか!?

いやいや、それは無理と言うもんでしょう(w
とりあえず竿は持っての沢歩き!
もちろん見つけたライズは射止めながらの散歩釣りなのではありますが、
釣れた魚はかなり小さいので、ブログの記事にするのをためらっていました!(w
c0136486_102446.jpg
c0136486_10241926.jpg

今年はなぜだかイワナが多く感じる。
なかなか、3月の秩父の渓流でイワナが釣れる事は少ないのですが、2日間で4匹のイワナと
23匹のヤマメ達。
c0136486_10342595.jpg

まだまだ芽吹きにも遠く、冬の装いの強い川辺ではありますが
小さな小さな生命の落としもの!??  に、微かな春の足音を
聞き取れたような、少しだけホッこりした気分になれました!(w
c0136486_10344693.jpg

もう少しだけ・・・。
寒さで手が悴むが、最後のプールを覗きたく、先を急ぐ僕の前に立ちはだかる獣一頭!!
何度も何度もお会いしたことはございますが・・・、
何をどうしようと・・・決して道を譲ってくれたことが無い、それでも草食動物君。
今回も、決して道を譲っていただけない様子なので、諦めて帰ってきた次第であります(涙

今回もカモシカ君に負けました・・・。

草食動物に・・・。
[PR]
# by summerdun | 2015-03-25 10:43 | Fly Fishing

もうすぐ・・・。

ライズ  してるかなぁ~・・・。


解禁に備え、スカスカになったままのフライボックスを補充しつつ
近くの川の状況なんかを想像している日が多くなるのも毎年この時期のこと・・・。

雪山用に買っておいた、チェーン式のアイゼンをバックパックに放り込み
先週から決めていた雪の白岩山登山を決行すべく、車を走らせるのだが、
川に沿っての道を走っているうちに、なんだかお魚のほうが気になりだし
ついつい、右の分かれ道にハンドルを切り、雪深い両神山の麓まで行ってみることに。
c0136486_1704362.jpg

無理です・・・。

この先にまだ民家があるというのに・・・、スタットレスが効きません。

もともと歩くつもりでいたので、車を雪の中に駐車し、カメラとバックパックを背負い
再度、歩き出すのだが・・・・、

無理です・・・、歩けません・・・(w

つるつるの氷の上、生まれたてのバンビ状態・・・。
おお又開きに前のめりに倒れたと思えば、今度は尻もちついての大騒ぎ。

諦めて帰ろうかと思ったところで、アイゼンを持っていることに気づく!!(遅い
c0136486_17113074.jpg

素晴らしいです。
滑りません、そのうえ走れます!!

流石に歩いている人もおらず、車も1時間に1台くらい。
春を探すつもりだったが、ドップリな冬真っ盛りの両神地区にテーマを変えて
雪景色を楽しんでしまおう!!  と。







c0136486_17164292.jpg

分かれ道


c0136486_17171782.jpg

白の中の青



c0136486_17181078.jpg

秩父椎茸!?


c0136486_17225965.jpg

夏、夕立きたらここだね!



c0136486_1724087.jpg

ちいさな獣専用道   



c0136486_17271147.jpg

オヤジの世代!?


c0136486_17311099.jpg

いつまでも・いつまでも





そして・・・




c0136486_17374022.jpg

陽だまりの中、しっかり食べてます♪




片道5kmの氷道。

すれ違う車の方々が、「乗っていけよ~!!」
なんて、必ず声をかけてくれる田舎道。
3人の軽トラのおじちゃんに言っていただきました。

カメラを構えている僕の背後から忍び寄るオババ二人・・・。
「いったい何がいるんだい!???」

恐る恐る囁きかけるが

「景色が綺麗だから・・・」

そんな僕の曖昧な答えに

「やだよ~。熊でもいるんかと思ったじゃね~かい!!」 (w
3人で大笑い!

廃家だらけのひと区間。
昔、駄菓子屋さんにあったアイスキャンディーを入れる冷凍庫。
懐かしくて写真を撮りながら眺めていると、不審者でも見るようなまなざしの老夫婦が近づいてくる。
「いい写真は撮れたかい!?」

投げやりの質問に
「ヤマメの写真を撮りました!!」
なんて答えると

「春にまた来い。いっぺ~いるから!」

数はいらない・・・。

ひと言ふた言の会話だが、文にしたら400字位になるだろうか!?(w


さぁ~、もうひと月もしないうちに、長野は解禁します。
秩父もひと月ちょっとです。




もうちょっとです。
[PR]
# by summerdun | 2015-01-20 18:17 | Fly Fishing